解決事例

2020.10.30.更新

民事再生が絡んだ売掛金回収

民事再生が絡んだ売掛金回収
法人
医薬品の卸売り業者
  • 売掛金
  • 回収
  • 卸売業者

ご相談にいたった経緯

D社は、医薬品の卸売り業者ですが、継続的な取引関係にある医薬品小売業者Y社に対して売掛金債権を有していました。 ところが、Y社は経営が悪化し、資金繰りのめどが立たず、民事再生手続をとることになってしまいました。 そのため、Y社の再生手続のなかで、D社の売掛金債権の総額が40万円まで圧縮されてしまいました。 民事再生による経営立て直しをスタートしたY社でしたが、圧縮後のD社に対する売掛金債権の支払もしませんでした。 そこで、D社から、当事務所に、売掛金回収のご依頼となりました。

ベリーベストの対応とその結果

当事務所の弁護士が、再生計画の取消申立をにおわせつつ、 再生計画に従った弁済を強く求める内容の特定記録郵便をY社に送付したところ、同社は直ちに支払に応じました。 当事務所は破産・民事再生の実績が豊富で、民事再生中の会社の置かれている状況を熟知しているため、 どのように対応すればY社が支払に応じるか適切に判断することができたといえます。
債務名義をお持ちの方のご相談
無料
債権回収の
お問い合わせはこちら
眠っている債権を
回収できる可能性があります!
回収できずにいる債権でお困りの方は、ベリーベスト法律事務所までご相談ください。